安心できるリフォーム会社の条件とは

安心できるリフォーム会社の条件とは

難しいリフォーム業者選び

まずは、注意すべき悪徳リフォーム業者に見られる特徴をご紹介します。 昨今は悪徳業者の手口も巧妙になり、「自分はそんなのには騙されない」と思っていても、知らずのうちに引っかかってしまうことがあります。 「自宅を突然訪れる」「お得感を強調する」など、いくつかの種類があります。

要注意!悪徳業者の手法

余裕が生まれたらいつかは実現したいと思うのが、自宅のリフォームですよね。
子供が就職して家を出たから、とか、2世帯同居になったから、など様々な人生の転機で一度は考えるリフォームですが、実際のリフォームの手続きや値段などの相場はなかなか想像がつかないものです。

インターネットで「リフォーム」と検索してみると、あまりにもたくさんの企業がヒットします。
CMで見たことのある大企業から、「畳専門」の近所の業者まで、実に様々です。
リフォーム経験のある人にはなかなか出会えないし、仮にいたとしても、自分のリフォーム事情には一致しないので、いまひとつ参考になりません。
このように、リフォームは、いざ自分がしようと考えてみると、どうやって決めていいのか、なかなか糸口が見つかりませんよね。

そこで、このサイトでは、リフォーム会社を選ぶ時に、「ここさえ押さえれば大丈夫」という条件を整理しました。
まずは、「悪徳業者の見破り方」です。
こちらが現代のリフォームの相場を知らないことにつけこんで、様々な方法で客を騙そうとする悪徳業者が存在します。
そのような業者の特徴や気をつけるべき点をまとめています。

次に、「候補を絞り込む方法」をご紹介します。
無数にある企業の中から、「しっかりした会社」で、「自分のリフォームに合っている」業者を見つけ出すためのチェックポイントを説明します。
この段階で、3社程度まで絞り込む必要があります。

最後に、「1社に決定する」際の注意点を説明します。
見積書を各社に作成してもらい、それを元に見極めていくことになります。

候補を3社程度まで絞り込む

世間には、無数のリフォーム業社があります。 まずは、なるべく偏りのない視点で、情報をたくさん集めましょう。 どのような企業があるのか、自分の地域にはどのような事務所やモデルルームがあるのか、自分自身で探してみることが大切です。 その上で、自分のリフォームを依頼するべき企業を絞り込んでいきましょう。

依頼先を決める時のチェックポイント

候補を数社に絞ったら、いよいよ依頼先を決めなければなりません。 まずは、候補の企業に見積書を作成してもらいましょう。 その見積書を元に、こちらの希望内容と見積もり金額とを互いに調整していくわけですが、その時の対応が、見極めのポイントになります。