安心できるリフォーム会社の条件とは

安心できるリフォーム会社の条件とは

難しいリフォーム業者選び

自宅にやってきて不安につけこむ

悪徳リフォーム業者の一つ目の手段は、「突然自宅に訪れる」というものです。
選ぶ側にとっては、リフォーム企業がたくさんありすぎて、どこから手をつけて良いかわからず、途方に暮れてしまいがちです。
だからこそ、偶然リフォーム業者との出会いがあると、ついつい心が傾いてしまうもの。
そういった狙いで、悪徳業者は「自宅を突然訪れる」という手口を使います。

また、「屋根が一部崩れているので、近いうちに雨漏りを起こしますよ。」「壁の塗装が危ないです。そろそろ塗り替えが必要です。」といったように、「プロが実際に見て、危険だと判断した」というお話を直接することで、こちらの不安を煽ることができる、ということもあります。

もちろん、自宅を訪れる業者の中にも、良心的な業者もあります。
しかし、リスクも大きいので、話を鵜呑みにして焦って判断せず、あくまで候補の一つとして冷静に考えるようにしましょう。

お得すぎる話で惑わされないよう注意

もう一つの常套手段は、「今ならお得」「こちらの住所ならお得」という誘い文句です。
元来人間は、「期間限定」「数量限定」といった、「特別感」に弱いもの。
その心理につけこんで、「今月中ならキャンペーン中でこんなに安くなりますよ」といった期間限定のお得感や、「事務所が近くなので、こちらの地域は20%引きですよ」といった立地限定のお得感を押し出してきます。

しかし、そういった安い値段には必ず裏の理由があるものです。
安くなるのは一部料金のみで、別途の施工料金は非常に高額であったり、ひどい時は説明とは違う材料を使われてしまったりと、大きなリスクがあります。

特に「今日中に決めてもらえたら」という「すぐに決定させようとする」企業は要注意です。
本当にお客様の立場に考えてくれるなら、「納得いくまで考えてみてください」と言ってくれるはずですよね。
甘い言葉に惑わされずに、落ち着いて考えるようにしましょう。


この記事をシェアする